nokiaのお気に入り

nokiaが気になるものを紹介しています。
これから読みたい本や、気になる文具、雑貨なども紹介しています。
最近はハンドメイドを再開しましたので、ハンドメイドのことも書いていくかも、です(*^^*)

「脱・限界集落株式会社」黒野伸一 《今読んでる本》

 今読んでる本 

 脱・限界集落株式会社 [ 黒野 伸一 ]
脱・限界集落株式会社 [ 黒野 伸一 ]

限界集落株式会社 」の続編。
高齢過疎が進む止村(とどめむら)の窮状を脱却させた前作。
今回は近隣の町、幕悦町が再開発されようとしている。
再開発に賛成の人、反対の人、それぞれの意見が対立する。。。
というところまで読みました。
これから先、幕悦町はどうなるのか?
止村はどんな動きをするのか?
楽しみです。
 
「限界集落株式会社」の読書感想はこちら⇒hhttp://ttp://nokia-s-bookshelf.blogo.jp/archives/10658700.html 


 




「電車をデザインする仕事 ななつ星、九州新幹線はこうして生まれた!」水戸岡鋭治



気になる本


  • 発売日:2016/10/28
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-120656-1

電車がどんどん進化している!
火付け役はきっとこの人、水戸岡鋭治さん。
鉄道マニアのあいだでこの人を知らないやつはいないだろ、ってくらい。 
ななつ星、九州新幹線がどのようにして生まれたのかぜひ読んでみたいです。
鉄道大好きな方にオススメ!


 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



ブログランキング


天空の蜂




「天空の蜂」東野圭吾

「高速増殖原型炉『新陽』に大型ヘリを墜落させる」
自衛隊から新型の大型ヘリを盗み、遠隔操作で『新陽』上空まで移動させた犯人からの通告があった。
「『新陽』を除く他の原子力発電所を停止しろ」という。
『新陽』は止めるな、とも。
しかし、大型ヘリには子供が取り残されていた。。。

原子力発電所運転員、警察、自衛隊、ヘリ製造の重工業社員、はては官邸までも巻き込んだ一大スペクタクル。
子供は無事に助けることはできるのか?
犯人の本当の要求は何なのか?
tenkunohati-nokiasbookshelf


最後まで気を抜けません。
この作品、文庫で600ページ以上あるのですが、これだけのページをかけて、たった数時間の出来事が書かれているんです。
それだけを見ても、どれほど中身が濃いか想像がつきますよね。

本作が発表されたのは1995年11月。20年以上も前のことです。
おそらくほとんどの人が、原子力発電所の事故は福島の原発を目の当たりにして初めて意識するようになったんじゃないでしょうか。
それよりもずっと以前に、原子力発電所に事故が起きればどんなことになるのかが書かれているのです。

ただ、最後までわからなかったことが。。。
肯定しているのか、否定しているのかがよくわからないんです。
まあ、そこは東野圭吾さんですから。
ラストの1ページはあなたが作ってね、的な終わり方。
みなさんはどんな1ページを作るでしょうか。
ぜひ読んでみてくださいね。

天空の蜂 [ 東野圭吾 ]

価格:918円











あわせて読みたい作品

探偵ガリレオ [ 東野圭吾 ]
探偵ガリレオ [ 東野圭吾 ]
原子力発電のことが書いてある作品が収録されています。
幻夜 [ 東野圭吾 ]


危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]
危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]






















「とっぴんぱらりの風太郎」今読んでる本


こんにちは。
今読んでる本をご紹介。


「とっぴんぱらりの風太郎」万城目学 


伊賀の忍者風太郎は采女様からクビを言い渡された。
クビになった以上は伊賀にとどまることはできず、西へと向かう。
京の町外れでわびしい生活をおくる風太郎のもとに、一緒にクビになった黒弓がやってくる。。。


と、いうところまで読んだところ。
さてさて、これから風太郎はどうなっていくんでしょうね。


「風太郎」=ぷうたろう=PUTARO
忍者をクビになった風太郎はプータロー。
シャレが効いてます!


読書感想はまた後日。。。

have a nice reading time!








 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

「リンパ浮腫と生きる」市川和子 訳 




こんばんは。
今日は、今読んでる本を紹介します。

『リンパ浮腫と生きる』 
ジョアン・スワルスキー
ダイアン・サケット・ナンネリー
市川和子 訳


自身の病気をもっと知るために購入してみました。
版型といい、紙質といい、まるで教科書!
数ページ読んで寝落ち。。の繰り返し(^_^;)
まだ30ページ しか読めていません。


1999年に発行された本書、翻訳本であるので当然、この数年前に書かれています。
1990年台に「廃止すべきである」と提唱されている治療法が、今もってなお、スタンダードな治療法として生きていることにびっくり。


この本が出版された1999年と、現状をちゃんと比較しないとなんとも言えないですが、おそらく癌の外科的治療の方法はあまり変化がないのではないかと思われます。
(リンパ浮腫の発症のリスクは癌の外科的治療や外傷などで高まります)


じっくりと、ちゃんと読み込んで勉強していきたいと思っています。
アメリカと日本の違いはありますが、「リンパ浮腫」という病気に国境はありません。
日本のみなさんにも何かのお役に立てる一冊だと思います。



リンパ浮腫と生きる [ ジョン・スワルスキ- ]
リンパ浮腫と生きる [ ジョン・スワルスキ- ]
1999-10 診断と治療社
contents
 カラー口絵
 第一部 リンパ浮腫概論
 第二部 治療
 第三部 ライフスタイルの変化
 第四部 自己、自己をめぐる人々とともに生きる



 






 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

ギャラリー
  • 「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》
  • 「はじまりの日」ボブ・ディラン作・ポール・ロジャース絵 《むっちゃ気になる本のこと》
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 天空の蜂
  • 「カレーライフ」 竹内真 《カレー!カレー!カレー! カレーが食べたい!》
  • 「東京ピーターパン」小路幸也 《楽器があれば歳の差なんて。。》
  • 「すべての神様の十月」小路幸也 《おいおい、神さん!それでいいのか!?》
  • 「竹島」門井慶喜 《この一冊で世界が動くで》



本棚の専門店を開いています。 素敵な本棚を揃えていますので覗いて行ってくださいね! 軒屋本棚店
にほんブログ村
記事検索
タグ絞り込み検索
モブログ
楽天市場
プロフィール

nokia163

アクセスカウンター

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード