nokiaのお気に入り

nokiaが気になるものを紹介しています。
これから読みたい本や、気になる文具、雑貨なども紹介しています。
最近はハンドメイドを再開しましたので、ハンドメイドのことも書いていくかも、です(*^^*)

「カレーライフ」 竹内真 《カレー!カレー!カレー! カレーが食べたい!》




「カレーライフ」竹内真



祖父が残した洋食屋。
器はあれど、レシピはなし。
ケンスケはじいちゃんのカレーを求めて旅に出た。。。


まず、この本の分厚さに圧倒される。
私は文庫で読みましたが、766ページの長編。
文庫本の限界越えてます。
いや、これはnokiaの勝手な意見ですよ。
寝っ転がって掲げて読むにはかなり重たいっ。
ふだんの読書スタイルがバレバレの発言ですね~^^;


「大きくなったらみんなでじいちゃんの洋食屋を復活させるんだ。」
祖父の葬儀の日、いとこ同士で話し合っていたことを父は覚えていた。
だから、じいちゃんの洋食屋はそのまま残っている。

だけど。。。
「洋食なんて作れないよーーー!」
すっかりそんなことは忘れていたから、料理の修行なんてやってない。
素人からでもできるものとなれば。。。
「カレー屋をやろう!
じいちゃんのカレーを出すんだ」
カレーなら素人からでもできるかも!

だけど。。。×2
肝心のレシピがない。

そしてケンスケたちはじいちゃんのカレーの秘密を求めて旅に出た。
アメリカのバーモント州。
バーモントカレーがあるんだから、きっとバーモント州には何か特別なものがあるはず。。。。
インド・ガンジス、沖縄と度は続く。

そして。。。
ようやくじいちゃんのカレーの秘密を見つけた。
じいちゃんのカレー、再現できるのか!?


あらすじはこんな感じかな。
とにかく丸ごと一冊カレー。
初めから終わりまでカレーです。
読んでるうちからカレーが食べたくて食べたくて。。
currylife

この本を読んだあと、1週間丸ごとカレーでした(^_^;)
サブリミナル効果バツグンですね!


この本を読んだら、カレーが食べたくなること間違いなしですよ(^_-)-☆



have a nice reading time!
and... curry life!




カレーライフ [ 竹内真 ]
カレーライフ [ 竹内真 ]
2005-1 集英社文庫
(初出 2001-3-31 集英社)











 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

一生分の本が読める。。。かも?




よく本を買う「hontoホント」のサイトを見てたら、とっても興味深いキャンペーンが!


「一生分の本、あげます」


という太っ腹な企画!


500円のコミックなら、2320冊分になるらしい!
コレは。。。
応募するしかないっしょ~~



みなさんもポチってみてねー(*^^*)
click! ↘↘click!










 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

「ナモナキラクエン」小路幸也 《楽園をつくりたかったんだ》



今夜紹介するのはこちら。
「ナモナキラクエン」小路幸也



僕ら四人兄妹。
山紫水明。
山 サン、紫 ユカリ、水 スイ、明 メイ。
これが僕らの名前。親父、なかなか粋なことするでしょ。

そんな粋な親父が死んだ。
ある日ポックリと。
僕ら四人に宛てた手紙を残して。
そこには母の連絡先が記してあった。


僕らの母はみんなそれぞれに違う人。
親父って。。。
「俺の死を彼女たちに知らせる必要はない。会いたきゃ会ってこい。」


僕たちの夏、それぞれの母への訪問が始まる。
そして、親父がこの家に込めた想いを知ることになる。


「この家を楽園にしたかったんだ」



母になるということ、父になるということ。
家族になるということ。。。
本作も、「家族の人」小路幸也ワールド全開です。
小路さんの作品には、ごく自然に「家族」が描かれます。
みんなそれぞれに「家族があるのはあたりまえ」のように、肩に力が入らないさり気なさ。


でも、「家族になる」ということは実はとても力がいることなんだと思います。
家族それぞれの努力があって、ひとつの家族になれる。
結婚して、子供ができて、孫ができて。。。
ごく自然な流れで家族になれたようでも、小さな努力の積み重ねはあると思うのです。


この四人兄妹の親父がすごかったところは、そんな小さな努力を子どもたちに感じさせなかったところ。
縁があって兄妹になれた僕たち。
親父はこの家を楽園にしてくれていました。
この親父、偉大です。



次は何をご紹介しましょうかね~

have a nice reading time!

おやすみなさい。。。




あわせて読みたい作品

東京ピーターパン [ 小路幸也 ]
東京ピーターパン [ 小路幸也 ]
この作品の中で「ナモナキラクエン」が初登場です。読書感想はこちら

東京バンドワゴン [ 小路幸也 ]
東京バンドワゴン [ 小路幸也 ]
「家族」といえばこれ! 堀田家大家族の物語。

つむじダブル [ 小路幸也 ]
つむじダブル [ 小路幸也 ]
こちらも兄妹愛に泣けます。

猫と妻と暮らす [ 小路幸也 ]
猫と妻と暮らす [ 小路幸也 ]
こんな家族の形もありますね。




















 click me!

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ










  







人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!






「罪と罰」ドストエフスキー 《オカンの手紙、長すぎっ》

オカンの手紙、長すぎっ 《罪と罰》


『罪と罰」ドストエフスキー

ちょっとだけ読み進みました。
なんか面白くなってきましたよ~(*^。^*)

やっと物語が動き出した75ページ。
ラスコーリニコフへ当てたオカンからの手紙が始まる。
手紙書けなかった理由からツラツラと。
「二枚の大型便箋に、細かい字がびっしりとか書き込まれていた。」 とありますが。。。。

この手紙、75ページから97ページまで続きます。
実に22ページ!!
文庫本22ページ分が「大型便箋2枚に収まるのか!?」
いくら細かい文字でびっしり書いたとしても 物理的に無理がないかー(^。^;)?
変なところが気になって仕方ないです。


『罪と罰』を読まない/岸本佐知子/三浦しをん/吉田篤弘
の中で、「セリフで説明方式」という文言が出てきます。
確かにそうだな、って感じですね。
これから後はずーっとこの方式で物語が進んでいくんだろうな。

これね、実は中学生くらいの時に読んでるんです。
でも、さっぱり忘れてる。
当時は「ぜんぜん面白くないやんっ」って感じてたのだけは覚えてます。

きっとね、ある程度の「読むチカラ」がついてからでないと楽しめない物語なんだと思います。
まだまだ先は長いですが。。。
サンクトペテルブルクの物語を楽しみたいと思います~ (#^.^#)



have a nice reading time!

おやすみなさい。。。




 







 click me!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!

「東京ピーターパン」小路幸也 《楽器があれば歳の差なんて。。》


「東京ピーターパン」小路幸也




「すげえギターの上手いじーさんがいるらしい。」
バンド仲間のコジーがどこかで聞いてきた。
そんなに上手いギターなら是非とも聞いてみたいもんだ。
でも。。。どこで弾いてるのかまでは聞いてこなかった。
そこ大事だろーっ


都会の片隅でギターを爪弾くじーさん。
住むところなんてなくていい、ただギターが弾ければそれでいい。
そう思ってた。
シンゴ、60歳。


ひょんなことからバンドを組むことになってしまった。
一夜限りのバンド。
フツーの会社員、音楽で生きていきたいバイト青年、引きこもりの高校生とその姉、現役刑事にホームレスのじーさん。
引きこもりの高校生、聖矢が作った曲にじーさんとバンド青年が手を加える。
歳も境遇も全く違う6人が土蔵の中で作り上げる音楽は。。。


「ナモナキラクエン」


小路幸也作品がお好きな方は「お!」って思われましたか?
そうなんですね、あの作品はもともと「東京ピーターパン」の中でタイトルだけは作られていたんですよね。
この後に「ナモナキラクエン」という小説が生まれたんです。


上は60歳から下は16歳まで。
このバンドの年齢の幅は大きい。
でも、音楽をやるのに歳の差は関係ない。
楽器ができれば、歌が歌えれば、即席だってバンドになれる。
東京ピーターパン



音楽っていいですね。
nokiaも久しぶりにギターを弾いてみようかな。
錆びついた弦で指を切らないようにしなくちゃね^^;



have a nice reading time!



東京ピーターパン [ 小路幸也 ]
東京ピーターパン [ 小路幸也 ]
2011-10-30 角川文庫




あわせて読みたい作品

ナモナキラクエン [ 小路幸也 ]
ナモナキラクエン [ 小路幸也 ]

東京バンドワゴン [ 小路幸也 ]
東京バンドワゴン [ 小路幸也 ] ギターを弾くじーさんといえばコレ!

マイ・ブルー・ヘブン [ 小路幸也 ]
マイ・ブルー・ヘブン [ 小路幸也 ] サチさん、ピアノを弾きますよ~































  







人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!




ギャラリー
  • 「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》
  • 「はじまりの日」ボブ・ディラン作・ポール・ロジャース絵 《むっちゃ気になる本のこと》
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 天空の蜂
  • 「カレーライフ」 竹内真 《カレー!カレー!カレー! カレーが食べたい!》
  • 「東京ピーターパン」小路幸也 《楽器があれば歳の差なんて。。》
  • 「すべての神様の十月」小路幸也 《おいおい、神さん!それでいいのか!?》
  • 「竹島」門井慶喜 《この一冊で世界が動くで》



本棚の専門店を開いています。 素敵な本棚を揃えていますので覗いて行ってくださいね! 軒屋本棚店
にほんブログ村
記事検索
タグ絞り込み検索
モブログ
楽天市場
プロフィール

nokia163

アクセスカウンター

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード