nokiaのお気に入り

nokiaが気になるものを紹介しています。
これから読みたい本や、気になる文具、雑貨なども紹介しています。
最近はハンドメイドを再開しましたので、ハンドメイドのことも書いていくかも、です(*^^*)

「竹島」門井慶喜 《この一冊で世界が動くで》


こんばんは。
今日は何を読みましたか?


今夜紹介するのはこちら
営業力に長ける青年、健哉はひょんなことから大阪のじーさん、坪山と知り合う。
坪山はお宝を持っているという。
竹島について描かれた和本「たけしま一けん」。

そこには、竹島は日本の領土であるとも、韓国の領土であるとも取れる記述がある。
この一冊の和本で世界が動くことになるかもしれない。
健哉と坪山は大きな賭けに出た。。。
竹島



日本海に浮かぶ竹島をめぐる攻防戦を描いた物語。
竹島をめぐっては、日本と韓国がにらみ合いを続けていますよね。
単行本の表紙からも、ただならぬ気配がうかがえます。


この物語の中で駆け回るのは、営業力に長けた青年と、チョットあやしげな大阪のじーさんのコンビ。
そんな組み合わせで、、どうやって竹島をめぐる攻防戦に参戦するねんな??
と、疑問に思われましたか?
この二人、なかなかやりますよ。


攻防戦と書くと、武力行使での竹島争奪戦のように聞こえてしまうかも。
武力行使ではありませんのでご安心を。
本の表紙は何かしら、オドロオドロしい感じを受けるのですが、物語は痛快コメディの要素が満載です。
周りの人には「難しそうな本読んでるな。。。」と思わせておいて、心の中では大いに笑いましょ(^^)
では、また明日。



have a nice reading time!
 
2012-6-20 実業之日本社






 






「おさがしの本は」門井慶喜 《読後の感想》

こんばんは。
関西は夏が戻ってきたの? っていうくらいの暑さでした。
そちらのお天気はいかがですか?


さて、今日、紹介するのは。。
門井慶喜


先日の「これから読む本」で紹介したうちの一冊です。
門井慶喜さんは「竹島」に続いて二冊目。

きっと笑わせてもらえるんだろうな~ という期待のもとに読み始めました。


とある、市役所職員の物語。
本好きな主人公、隆彦は希望がかなって図書館へ配属になる。
しかし、意気揚々と仕事に打ち込めたのは最初のうちだけ。
閑古鳥ばかりがにぎやかな図書館業務は毎日の張り合いがなく。。。


女子大生に「お役所!」とイヤミを言われて、ちょっとムッとするも、図書館といえどお役所には違いない、とヘンに納得してみたり。
それでも、リファレンスカウンター業務には誇りを持って当たります。
女子大生からの意味不明な書籍のリクエスト、思い出の絵本探し、インパクトが強すぎて題名を思い出せないという小説。。。
お客様の要望に答えるべく書架に向かいます。


そんな中、図書館廃止論が浮上。
図書館存続派として市議会に引っ張り出されることになった隆彦。
さてさて、隆彦は市議の廃止派の市議の心を捉えることができるのか!?
おさがしの本は



きっと全国の図書館が抱えているであろう問題、利用者の減少。
彼が配属された図書館も例外ではありません。
公的機関のどこを優先するのか、という議論になれば、医療、住居あたりを優先することになるのではないでしょうか。
図書館など、文化施設は真っ先に切られていくように思います。

町の小型の書店も姿を消しつつあります。
そうすると、図書館も書店もないという空白地域がたくさんできてしまうんですね。
学校に図書室がある子どもたちはまだしも、ネットが苦手で遠出ができないお年寄りや交通弱者には本に触れる機会が激減してしまいます。

文化的な暮らしがあってこそ、自治体や国は豊かになっていくのではないのかな。。。
と、nokiaの勝手な意見でした(^_^;)


明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。







2009-7-25
contents
 図書館ではお静かに
 赤い富士山
 図書館滅ぶべし
 ハヤカワの本
 最後の仕事

光文社文庫
 2011-11-10 


門井慶喜作品へGO!←click!




















「探偵ガリレオ」 東野圭吾 《読後の感想》



こんばんは。
今日は何を読みましたか?


今夜はこちら。 
探偵ガリレオシリーズ第一弾!



以前に「予知夢」 ガリレオシリーズ第二弾のレビューを書きました。
前知識なしに読みはじめたので、ガリレオシリーズとわかったのは湯川先生が登場してからでした。
それならば、と第一弾の探偵ガリレオ も読んでみました。
ハマるわ、これ。。。(^_^;)


若い男の頭が突然燃える。。。
デスマスクが池に浮かぶ。。。
心臓だけが腐った遺体。。。
海に水柱が立ち。。。。。

草薙刑事が担当することになった事件はどれもこれも不思議な現象。
そこで、草薙は大学時代の旧友、湯川を訪ねます。
湯川は母校で科学分野の助教授をしている。
超常現象では済まされないと思った草薙は、湯川に科学的に事件を解明してほしいと依頼するのです。

大人気の「ガリレオ」シリーズはここから始まったんですね。



最初の若い男の頭が燃える、というあたりは自然発火現象かと思わせられます。
しかし、事件現場付近で「赤い糸を見た」という少女の言葉に湯川の科学者としての勘が働く。
地道に歩き回って証拠固め(?)をするあたり、刑事も顔負けですね。


液体ナトリウムを使った熱交換の技術、プルトニウムに関することなど、専門知識がないと書けないだろうな、という場面があります。
本作より以前に書かれた「天空の蜂 」ではもっと詳しくプルトニウムに関することが書かれています。
さすがエンジニアの東野さんだな、と感じました。
天空の蜂 」についてはまた改めて感想を書きますね。


湯川先生の言葉が印象に残りました。
20161017_131926


科学者は机に向かってばかりいるのではない。
何かを見つけ出すこと、それが科学だと。
湯川先生は積極的に外へ出ていきますね。
草薙刑事とはいいコンビです。


三作目にあたるのかな? 「容疑者Xの献身」も読んでみたいと思います。


明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。





探偵ガリレオ (文春文庫)

「探偵ガリレオ (文春文庫) 」東野圭吾 
 1998-5-30(文藝春秋)
 
contents
 第一章 燃える
 第二章 転写る
 第三章 壊死る
 第四章 爆ぜる
 第五章 離脱る 

















 click me!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





  




天高く馬肥ゆる秋 《閑話休題》


こんばんは。
空が綺麗な季節になりましたね。
 
IMG_20161010_165026
 
空が高く感じられます。

IMG_20161010_170858

うろこ雲も見事!

朝夕はちょっと寒いくらいです。
あたたかなカーディガンをはおって、あったかい飲み物とともにページを繰りましょうか。

みなさんはどんな読書スタイルですか?
nokiaはお酒を飲みながらゴロゴロしながら読みます。
焼酎のお湯割りなんかいいですね~ スダチっをギュッと一絞り。
(theオトナ!)

 
風邪を引かないように読書を楽しみましょうね!


では、おやすみなさい。。。



 
















おひとつポチッとよろしくです♪
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ






《これから読む本》小路幸也、門井慶喜、西澤保彦

こんばんは。
今日は何を読みましたか?


今夜は、nokiaが読んでみたい本をご紹介〜


ナモナキラクエン (角川文庫)
小路 幸也
KADOKAWA/角川書店
2014-05-24


小路幸也さんの作品が好きなので。。。
東京ピーターパン」に出てきたこのタイトル、作中では曲名だったのですが、実際に小説にあるので気になって手に取りました。



おさがしの本は (光文社文庫)
門井 慶喜
光文社
2011-11-10



下戸は勘定に入れません
西澤 保彦
中央公論新社
2014-05-23



この2冊は完全にジャケ読み(^^;)
タイトルと表紙デザインにやられました。



西澤保彦さんは始めて読む作家さんです。
どんなだか楽しみです。


門井慶喜さんは「竹島」を読んだことがあったので、今回も楽しませてもらえそうでワクワクしてます。


そのうちレビューに登場してくると思いますので待っててね(^ ^)v



明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。











おひとつポチッとよろしくです♪
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


















ギャラリー
  • オリジナルのピアス
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》
  • 「はじまりの日」ボブ・ディラン作・ポール・ロジャース絵 《むっちゃ気になる本のこと》
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 天空の蜂



本棚の専門店を開いています。 素敵な本棚を揃えていますので覗いて行ってくださいね! 軒屋本棚店
にほんブログ村
記事検索
タグ絞り込み検索
モブログ
楽天市場
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード