のだめカンタービレ 最終楽章(前編)再び

貧乏オーケストラ、マルレの常任指揮者となった千秋。
ひとつのオケが任されると喜んだのもつかの間。
マルレ・オケは貧乏なだけじゃなかった。
とんでもなく下手っぴなオーケストラだった。
この下手っぴ感、まるでライジング・スターのよう。
はたして千秋はこのオケを再生できるのか?!
前編は、ひとことで言うと「千秋の成長物語」ですね。


ちょっと本題から離れるのですが、今回はパソコンにヘッドホンを繋いで観ました。
テレビ画面で見ている時には気づかなかったことがたくさんありました。
マルレ・オケの下手っぴ感がハンパなく聞こえてくるし、「あ、黒木ココくんが吹いてたのか」、とか
画面が小さいと視野が広がらないので集中して観られますね。
ちょっと目が疲れるけど。


本題に戻りますね。
マルレ・オケは下手っぴだからお客さんが離れていく、貧乏になる、オケだけで食べていけなくて団員は兼業になる、兼業になると練習時間が減り、下手っぴになっていく。。。
まさに負のループ。本末転倒。
だけど、団員はみんな音楽家なんです。
プロなんです。
音楽家としていい演奏をしたい。
聞いてくれるお客さんに楽しんでもらいたい。
そんな気持ちがみんな根底にあるから、頑張れるんですね。
さてさて、マルレ・オケの演奏はどうなる?
お客さんは戻ってきてくれるのか?
そこはご自分の目でお確かめくださいね~(*^^*)

のだめカンタービレ / のだめカンタービレ 最終楽章: 前編: スタンダード エディション 【DVD】

価格:3,694円
(2016/6/28 00:11時点)





さっ、明日は何を観ましょうか。
おやすみなさい。。。



のだめカンタービレ 最終楽章 前編 後編 Blu-ray Disc 2枚セット

価格:7,982円
(2016/6/28 00:12時点)






のだめカンタービレ 全巻セット (1-25巻)

価格:11,156円
(2016/6/28 00:15時点)