こんばんは。
今日は何を読みましたか?

今日のレビューはこちら

プラチナデータ「東野圭吾」



まずはこちらから。。。↓
先日、京都大学の研究チームが発表した「DNAで「またいとこ」がわかる-新しい血縁判定法の開発」-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160729_2.html
京都大学の研究では、災害時の身元確認の精度が上がる、と説明しています。


この研究のさらに進化した形がこの作品に描かれています。
国民のDNAデータがコンピュータで管理できるシステムが開発される。
親類からのDNAからでも犯罪者を特定することができるほどの精度を誇るという。
発覚を恐れて、犯罪がなくなることがこのシステムの目的であった。
しかし、ある事件の容疑者にシステムの関係者が浮上した。
システムは、彼を犯人だと特定している。
もしも。
故意にDNAのデータが書き換えられていたなら。。。

なんだかこわいですね。
ただいま、「予知夢」を読んでいるのですが、この中では血液型による分析しかされていません。
わずか数十年で科学の分野は進歩していますね。
「分身」も、倫理に反する行為が書かれています。


率直な感想。
こんな世の中にはなってほしくないです。
でも、もしかしたら近未来にはこんな世の中になるのかもしれません。
プラチナデータ東野

プラチナデータ [ 東野圭吾 ]







明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。





◆◆予知夢 / 東野圭吾/著 / 文藝春秋



分身 [ 東野圭吾 ]








おひとつポチッとよろしくです♪