nokiaのお気に入り ~道草、寄り道、回り道~

bookshelf=本棚。
nokiaの本棚にはイロイロなものが入っています。
小説からコミックでけではなく、映画DVD、音楽CD、ノンフィクションや病気関連の本、文房具や編み物セットに革細工の工具箱もあったり。
そんな中からぜひ読んでみてほしい本、聞いてみてほしい音楽や、これ便利だよっていうもの、こんなの作ったよっていうものも幅広く紹介していきます。
独り言もきっとたくさん出てきます。
ちょっと道草、このページで遊んでいってくださいね。

東野圭吾

「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》




「危険なビーナス」東野圭吾

今夜は 、今読んでる本を紹介しますね。

アメリカから帰国した弟が失踪した。
それを知らせに来たのは弟の妻。
魅力的な弟の妻に伯郎はいつしか惹かれていく。
禁断の恋が始まる。。。


と、思いきや、なかなかそうはいきませんね。
なんせ、東野圭吾さんですから~
kikennavinas-nokiasbookshelf ミステリ要素がなくては東野作品とは言えないですよね。




弟の失踪、謎の女、遺産相続、元親戚。。
本作も盛り沢山になりそうです。
読後の感想はまた今度。
ではまた。。。

危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]
危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]

あわせて読みたい作品 「美しいものに惑わされてみませんか。。。」
夢幻花 [ 東野圭吾 ]
夢幻花 [ 東野圭吾 ]
聖女の救済 [ 東野圭吾 ]
聖女の救済 [ 東野圭吾 ]
幻夜 [ 東野圭吾 ]
幻夜 [ 東野圭吾 ]
祈りの幕が下りる時 [ 東野 圭吾 ]
祈りの幕が下りる時 [ 東野 圭吾 ]

天空の蜂




「天空の蜂」東野圭吾

「高速増殖原型炉『新陽』に大型ヘリを墜落させる」
自衛隊から新型の大型ヘリを盗み、遠隔操作で『新陽』上空まで移動させた犯人からの通告があった。
「『新陽』を除く他の原子力発電所を停止しろ」という。
『新陽』は止めるな、とも。
しかし、大型ヘリには子供が取り残されていた。。。

原子力発電所運転員、警察、自衛隊、ヘリ製造の重工業社員、はては官邸までも巻き込んだ一大スペクタクル。
子供は無事に助けることはできるのか?
犯人の本当の要求は何なのか?
tenkunohati-nokiasbookshelf


最後まで気を抜けません。
この作品、文庫で600ページ以上あるのですが、これだけのページをかけて、たった数時間の出来事が書かれているんです。
それだけを見ても、どれほど中身が濃いか想像がつきますよね。

本作が発表されたのは1995年11月。20年以上も前のことです。
おそらくほとんどの人が、原子力発電所の事故は福島の原発を目の当たりにして初めて意識するようになったんじゃないでしょうか。
それよりもずっと以前に、原子力発電所に事故が起きればどんなことになるのかが書かれているのです。

ただ、最後までわからなかったことが。。。
肯定しているのか、否定しているのかがよくわからないんです。
まあ、そこは東野圭吾さんですから。
ラストの1ページはあなたが作ってね、的な終わり方。
みなさんはどんな1ページを作るでしょうか。
ぜひ読んでみてくださいね。

天空の蜂 [ 東野圭吾 ]

価格:918円











あわせて読みたい作品

探偵ガリレオ [ 東野圭吾 ]
探偵ガリレオ [ 東野圭吾 ]
原子力発電のことが書いてある作品が収録されています。
幻夜 [ 東野圭吾 ]


危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]
危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]






















「探偵ガリレオ」 東野圭吾 《読後の感想》



こんばんは。
今日は何を読みましたか?


今夜はこちら。 
探偵ガリレオシリーズ第一弾!



以前に「予知夢」 ガリレオシリーズ第二弾のレビューを書きました。
前知識なしに読みはじめたので、ガリレオシリーズとわかったのは湯川先生が登場してからでした。
それならば、と第一弾の探偵ガリレオ も読んでみました。
ハマるわ、これ。。。(^_^;)


若い男の頭が突然燃える。。。
デスマスクが池に浮かぶ。。。
心臓だけが腐った遺体。。。
海に水柱が立ち。。。。。

草薙刑事が担当することになった事件はどれもこれも不思議な現象。
そこで、草薙は大学時代の旧友、湯川を訪ねます。
湯川は母校で科学分野の助教授をしている。
超常現象では済まされないと思った草薙は、湯川に科学的に事件を解明してほしいと依頼するのです。

大人気の「ガリレオ」シリーズはここから始まったんですね。



最初の若い男の頭が燃える、というあたりは自然発火現象かと思わせられます。
しかし、事件現場付近で「赤い糸を見た」という少女の言葉に湯川の科学者としての勘が働く。
地道に歩き回って証拠固め(?)をするあたり、刑事も顔負けですね。


液体ナトリウムを使った熱交換の技術、プルトニウムに関することなど、専門知識がないと書けないだろうな、という場面があります。
本作より以前に書かれた「天空の蜂 」ではもっと詳しくプルトニウムに関することが書かれています。
さすがエンジニアの東野さんだな、と感じました。
天空の蜂 」についてはまた改めて感想を書きますね。


湯川先生の言葉が印象に残りました。
20161017_131926


科学者は机に向かってばかりいるのではない。
何かを見つけ出すこと、それが科学だと。
湯川先生は積極的に外へ出ていきますね。
草薙刑事とはいいコンビです。


三作目にあたるのかな? 「容疑者Xの献身」も読んでみたいと思います。


明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。





探偵ガリレオ (文春文庫)

「探偵ガリレオ (文春文庫) 」東野圭吾 
 1998-5-30(文藝春秋)
 
contents
 第一章 燃える
 第二章 転写る
 第三章 壊死る
 第四章 爆ぜる
 第五章 離脱る 

















 click me!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ





  




「幻夜」 東野圭吾

こんばんは。
今日は何を読みましたか?

今夜のレビューはこちら

「幻夜」 東野圭吾



文庫本で読んだのですが、まず驚いたのがその厚さ。
およそ800ページ、文庫のくせにずっしり重いですっ!
読書はまず外観から。
これ、nokiaの読書観です(*^^*)


はじめのほうは「なんかイヤミな女が主人公やな。。」って思いながら読んでました。
まわりの男たちを罠にはめ、自分の手の中にある男たちは上手く利用する。
たとえ、女同士の中で嫌われ者になっても自分には言うことをきいてくれる男たちがいる。
現実にもそんな女性がいますよね。


主人公の女性は、仕事を変え、うまく男を利用しながら、自分の世界を築きあげていきます。
しかしそこには、私達が想像もできないような孤独があったと思うのです。
誰のことも心から信じることができないがゆえの孤独感。
冒頭で抱いた「イヤミな女やな。。。」という感覚は、読み進めるうちに「可哀想な女性やな。。。」に変わっていきます。


最後の最後になって、切なさがこみ上げてきました。
この女性は、あの長編小説の女性なのではないのか?
作中にはっきりと書かれてはいないのですが、そうだな、と思える箇所がいくつかありました。
名を変え、年齢もちょっとサバを読めば。。。。
あなたはどう感じるでしょうか。。。?

20160913_235653




明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。




幻夜 [ 東野圭吾 ]

価格:1,036円
(2016/9/13 23:31時点)



白夜行 [ 東野圭吾 ]

価格:1,080円
(2016/9/13 23:34時点)













おひとつポチッとよろしくです♪


















「予知夢」 東野圭吾~ガリレオシリーズ第二弾 《あの人が死ぬ夢を見たの》

こんばんは。
今日は何を読みましたか?

今夜のレビューはこちら

「予知夢」(よちむ) 東野圭吾

ガリレオシリーズ、第二弾です。

実はnokia、ガリレオシリーズを読むのは初めてなんです。
シリーズ以外の作品は多数読んでいるのですが。。
シリーズ物って、ハマると一気に読みたくなるほうなのであとの楽しみに取っとこ、みたいな感じかな。

本作は、何となく手にとって読み始めたら「湯川先生が出てきた(+_+);!」
それでガリレオって気づきました。
オカルトちっくな物語の短編集です。

ほかのガリレオシリーズではどんな展開が多いんでしょう?
本作は、オカルトとミステリの融合、という印象です。

向かいのマンションに住む女性が自殺するという夢をみた少女、
父の死の少し前、父の上に浮かぶ火の玉を見たという少女、
出会うずっと以前からその女性と出会う運命にあったと言い張る男性。。。

オカルトで済まされてしまうような事件に疑問を抱いた刑事、草薙がかつての旧友、湯川に科学的な分析を依頼する。
湯川は見事に解明してみせるのですが。。。

解明されたことを、捜査本部へ報告する時としない時があります。
ちょっと曖昧なままに済ませようとする、人間的なところが出てきていたりもしますね。
予知夢



この一冊を読んだだけでも、このシリーズをもっと読みたくなりました(*^^*)
次は「「探偵ガリレオ」 東野圭吾
を読んでみたいな、と思っています。
でも、その前にこちらを読みます〜

危険なビーナス [ 東野 圭吾 ]

価格:1,728円


東野圭吾さん、最新刊です!




明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。






















プラチナデータ /東野圭吾 ~こんな世の中になってほしくない

こんばんは。
今日は何を読みましたか?

今日のレビューはこちら

プラチナデータ「東野圭吾」



まずはこちらから。。。↓
先日、京都大学の研究チームが発表した「DNAで「またいとこ」がわかる-新しい血縁判定法の開発」-
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/160729_2.html
京都大学の研究では、災害時の身元確認の精度が上がる、と説明しています。


この研究のさらに進化した形がこの作品に描かれています。
国民のDNAデータがコンピュータで管理できるシステムが開発される。
親類からのDNAからでも犯罪者を特定することができるほどの精度を誇るという。
発覚を恐れて、犯罪がなくなることがこのシステムの目的であった。
しかし、ある事件の容疑者にシステムの関係者が浮上した。
システムは、彼を犯人だと特定している。
もしも。
故意にDNAのデータが書き換えられていたなら。。。

なんだかこわいですね。
ただいま、「予知夢」を読んでいるのですが、この中では血液型による分析しかされていません。
わずか数十年で科学の分野は進歩していますね。
「分身」も、倫理に反する行為が書かれています。


率直な感想。
こんな世の中にはなってほしくないです。
でも、もしかしたら近未来にはこんな世の中になるのかもしれません。
プラチナデータ東野

プラチナデータ [ 東野圭吾 ]







明日は何を読みますか?

では、おやすみなさい。。。





◆◆予知夢 / 東野圭吾/著 / 文藝春秋



分身 [ 東野圭吾 ]








おひとつポチッとよろしくです♪
















カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾 《小説のこと》




DNA情報が人類を支配する!? 本作はそんな物語。

父の背中を見て育った、若手有望株のスキーヤー風美。父もまた、かつてはトップスキーヤーであった。
遺伝子研究をするある機関から、風美と父のDNAを調べさせてほしいと依頼があった。が、父は調査を拒否する。
そこには、娘にも言えない過去の秘密があった。。。

一方、音楽好きな青年がDNA解析により、好まざる方向へと進まされてしまう。
「遺伝子の適合上はこの分野で突出できる才能を持っているから」という理由。
青年はその分野で成功をおさめることができるのか?


一貫して、登場人物たちはDNAに振り回されます。
もしも、DNAの解析によってそれぞれに仕事を振り分けられてしまったら。。。?
私たちはその社会で生きていくことが可能でしょうか?
医学の進歩は素晴らしいことですが、半社会的な使い方は感心できないですね。
そんなことを考えさせられる一冊です。


WOWOWでドラマになってたんですね。
ただいま旬の土屋太鳳さんが主演です。
あまりテレビを見ないのでぜんぜん知りませんでした。

[DVD] 連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの DVD BOX

価格:7,592円
(2016/7/5 22:10時点)



DVDが発売になるようですので、秋になったら見てみようかな、って思ってます。

文庫はこんな感じ

カッコウの卵は誰のもの 光文社文庫 / 東野圭吾 ヒガシノケイゴ 【文庫】

価格:700円
(2016/7/5 22:11時点)







今夜あなたは何を読みませたか?
では、おやすみなさい。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村参加してます(=^・^=)
おひとつポチッとよろしくです♪















夢幻花 /東野圭吾





黄色の花を追い求めると身を滅ぼす。。

50年前に起きた残虐な事件は過去の出来事?
中学生時代の幼い恋は?
花を育てるのが楽しみな定年退職後の老人が殺害された事件は?

時代を追って物語は進んでいくけれど、いまひとつつながりが見えてこない。。。
中盤になってようやくつながりが見え始め、一気にクライマックスへ向かっていく感じ。
後半は一気読みでした。

まるで「パンドラの箱」のようです。
いろいろなものを背負って生きていかなければならない人たちがいるのですね。
これ以上書くとネタばれになってしまうのでやめておきますね。

第26回柴田錬三郎賞受賞作



さて、今夜あなたは何を読みますか?




夢幻花 [ 東野圭吾 ]

価格:842円
(2016/6/20 22:51時点)






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村参加してます(^。^)
おひとつポチっとよろしくです♪






白夜行 /東野圭吾



白夜行 /東野圭吾(著)

切ない。
とにかく切ない。

とある殺人事件をきっかけに物語は動いていきます。
そこに描かれるのは男の子と女の子。
恋になる前の幼い二人。
恋心も意識できないくらいの二人だったのに、離れられない関係になってしまいます。

恋というものではなく。
男と女の、ということではなくて。

表と裏。
陰と陽。
白と黒。

共有するものがあればこそ。
表を歩くもの、裏を歩くもの、
お互いのことを思えばこそ、なんでもできる。
それが法に触れることであっても。


あかん、これを書いてる時点で涙があふれてきた。
nokiaの中で切なさナンバー1の物語です。
snapshot_1475061674893153697116



白夜行 [ 東野圭吾 ]

価格:1,080円
(2016/6/16 00:23時点)
感想(703件)







さて、今夜あなたは何を読みますか?







ドラマも泣ける!

白夜行 完全版 DVDBOX [ 山田孝之/綾瀬はるか ]

価格:19,758円
(2016/6/16 00:24時点)
感想(4件)



白夜行 完全版 Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 山田孝之 ]

価格:25,660円
(2016/6/16 00:24時点)
感想(0件)



ギャラリー
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 愛猫・愛犬がアートに! どうぶつ画アーティスト、加藤トシユキさん。
  • 「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》
  • 「はじまりの日」ボブ・ディラン作・ポール・ロジャース絵 《むっちゃ気になる本のこと》
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 天空の蜂
  • 「カレーライフ」 竹内真 《カレー!カレー!カレー! カレーが食べたい!》

にほんブログ村
記事検索
タグ絞り込み検索
モブログ
楽天市場
livedoor プロフィール
アクセスカウンター

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード