オカンの手紙、長すぎっ 《罪と罰》


『罪と罰」ドストエフスキー

ちょっとだけ読み進みました。
なんか面白くなってきましたよ~(*^。^*)

やっと物語が動き出した75ページ。
ラスコーリニコフへ当てたオカンからの手紙が始まる。
手紙書けなかった理由からツラツラと。
「二枚の大型便箋に、細かい字がびっしりとか書き込まれていた。」 とありますが。。。。

この手紙、75ページから97ページまで続きます。
実に22ページ!!
文庫本22ページ分が「大型便箋2枚に収まるのか!?」
いくら細かい文字でびっしり書いたとしても 物理的に無理がないかー(^。^;)?
変なところが気になって仕方ないです。


『罪と罰』を読まない/岸本佐知子/三浦しをん/吉田篤弘
の中で、「セリフで説明方式」という文言が出てきます。
確かにそうだな、って感じですね。
これから後はずーっとこの方式で物語が進んでいくんだろうな。

これね、実は中学生くらいの時に読んでるんです。
でも、さっぱり忘れてる。
当時は「ぜんぜん面白くないやんっ」って感じてたのだけは覚えてます。

きっとね、ある程度の「読むチカラ」がついてからでないと楽しめない物語なんだと思います。
まだまだ先は長いですが。。。
サンクトペテルブルクの物語を楽しみたいと思います~ (#^.^#)



have a nice reading time!

おやすみなさい。。。




 







 click me!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!