「カレーライフ」竹内真



祖父が残した洋食屋。
器はあれど、レシピはなし。
ケンスケはじいちゃんのカレーを求めて旅に出た。。。


まず、この本の分厚さに圧倒される。
私は文庫で読みましたが、766ページの長編。
文庫本の限界越えてます。
いや、これはnokiaの勝手な意見ですよ。
寝っ転がって掲げて読むにはかなり重たいっ。
ふだんの読書スタイルがバレバレの発言ですね~^^;


「大きくなったらみんなでじいちゃんの洋食屋を復活させるんだ。」
祖父の葬儀の日、いとこ同士で話し合っていたことを父は覚えていた。
だから、じいちゃんの洋食屋はそのまま残っている。

だけど。。。
「洋食なんて作れないよーーー!」
すっかりそんなことは忘れていたから、料理の修行なんてやってない。
素人からでもできるものとなれば。。。
「カレー屋をやろう!
じいちゃんのカレーを出すんだ」
カレーなら素人からでもできるかも!

だけど。。。×2
肝心のレシピがない。

そしてケンスケたちはじいちゃんのカレーの秘密を求めて旅に出た。
アメリカのバーモント州。
バーモントカレーがあるんだから、きっとバーモント州には何か特別なものがあるはず。。。。
インド・ガンジス、沖縄と度は続く。

そして。。。
ようやくじいちゃんのカレーの秘密を見つけた。
じいちゃんのカレー、再現できるのか!?


あらすじはこんな感じかな。
とにかく丸ごと一冊カレー。
初めから終わりまでカレーです。
読んでるうちからカレーが食べたくて食べたくて。。
currylife

この本を読んだあと、1週間丸ごとカレーでした(^_^;)
サブリミナル効果バツグンですね!


この本を読んだら、カレーが食べたくなること間違いなしですよ(^_-)-☆



have a nice reading time!
and... curry life!




カレーライフ [ 竹内真 ]
カレーライフ [ 竹内真 ]
2005-1 集英社文庫
(初出 2001-3-31 集英社)











 click me!
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 本ブログ 本・読書情報へ



  


人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!