こんばんは。
今日はどんな一日でしたか?

nokiaは今日も仕事でした。
やっと明日は休みなので、帰りに本屋さんに寄ってきました。

本日の購入品。
・MonoMax 9月号 (仕事の予習用です)
・少女「湊かなえ」 フルサイズ帯ヴァージョン
・アンマーとぼくら「有川浩」
そして~
・文藝春秋 9月特別号!

久々に文藝春秋を買ってみました。
だってね。。。
村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が掲載されているし、
巻頭のグラビアに、熊野古道と知床の特集があったし、
そしてそしてーっ!
美内すずえさんのコラムがあったので!!


「『ガラスの仮面』と歩んだ四十年」と題してほぼ2ページ分の記事でした。
ガラスの仮面ってもう四十年になるんですね。
最初に読んだのが小学生の時なんだな~
私も歳とるはずだわ(^_^;)


少女漫画が好きな人で、「ガラスの仮面」を知らない、なんて方は。。。
いませんよね~ きっと。。。
ということで、これまでのあらすじは省略~!
49巻では、あの二人の想いが、ようやく! 実を結びそうなんですが。。。
はてさて50巻ではどんな展開になるのやら?
楽しみデスね~


と、ガラかめファンのみなさんはもう4年もこのセリフを言い続けてこられてますよね。
そう、49巻の発行は2012年9月。
2016年8月の現在、50巻はまだ発行されていません。


そこで、文頭の文藝春秋9月号のことに戻るのですが、美内先生いわく
「結末はとっくに決まっている・・・」
「・・・構図も一も頭のなかにある・・・」
登場人物がどのようにうごいていくのか、美内先生にもまだわからないのだそうです。
美内先生って「ライブ派」な作家さんですからね~(^_^;)


作中の「紅天女」は自然と向き合う物語。
昨今の環境事情を鑑み、自然の営みをどのように表現するのか。
いろいろと迷いがあるようです。
でもね、もうすぐ真の紅天女が決まるんだな、っていうのは確かなんです。


もう少し。
もうちょっと。。。

「待ちましょう」

もうこれしか言えませーーーん(。・・。)



小説の感想はまた今度。
では、今夜はこのあたりで。

おやすみなさい。。。





文藝春秋2016年9月号【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]


コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]




アンマーとぼくら [ 有川浩 ]



少女 [ 湊かなえ ]













おひとつポチッとよろしくです♪