恭一郎と七人の叔母 小路幸也 著

いつもほんわか、小路幸也さんの作品。
物語の時代背景が昭和の終わりごろかな?
ちょっと懐かしい感じです。

家を継いだ母に、個性豊かな叔母たち。
歯科医の妻、骨董品屋の経営、教師にお水に画家。。。
こんな個性豊かな叔母たちに囲まれてたら、さぞや強烈なオトコの子に成長したんだろうな。。。と思いきや。
恭一郎くん、なかなか素直な良い子に育ちましたね。


「七人の叔母たち」のタイトルどおり、叔母たちの物語。
大人の女のことが描かれているわけで、結構えぐいことも書かれています。
女同士の争いもあるし、アダルトチックな描写もあるのですが。。
そこは小路マジック。
淡々とした描き方で、全体がほわんとした印象に仕上がっています。
読語の嫌味な感じが全くありません。


ちょっと薄めのオブラートに包まれた「大人の女」たち。
ちょっとだけ「大人の女」を覗き見してみませんか?

1475062229674


ぜひ読んでみてくださいね
恭一郎と七人の叔母 [ 小路幸也 ]
恭一郎と七人の叔母 [ 小路幸也 ]
2016-3-31 徳間書店


小路幸也さん オススメ作品
早坂家の三姉妹 [ 小路幸也 ]
早坂家の三姉妹 [ 小路幸也 ]
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード [ 小路幸也 ]
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード [ 小路幸也 ]
札幌アンダーソング [ 小路幸也 ]
札幌アンダーソング [ 小路幸也 ]