nokiaのお気に入り

nokiaが気になるものを紹介しています。
これから読みたい本や、気になる文具、雑貨なども紹介しています。
最近はハンドメイドを再開しましたので、ハンドメイドのことも書いていくかも、です(*^^*)

村田沙耶香

コンビニ人間 /村田沙耶香 ~そこで生きてる人がいる

こんばんは。
今日は何を読みましたか?

今日はこちら

第155回 芥川賞受賞作品として話題ですね。
コンビニ人間「村田沙耶香」

ほとんどあらすじ紹介です。
ネタバレがいやな人はここから読まないでね~(^_^;)


ちょっと融通がきかない私が社会の一員としていられるのは、コンビニ勤めだから。
コンビニにはマニュアルがあって、その中で私は生きていられる。
小さい頃からちょっと変な子という目で見られ、どうしたら「治る」のかとまわりを心配させた私。
自分ではそれが普通で、何も不自由なことはない。
世間から見ると、36歳独身、コンビニでアルバイト。
恋には興味がない。
これはかなり異様に映るらしい。
しかし、親のスネをかじるでなく独立して、自力で生計を立てているのだから文句言われる筋合いはないはず。

そんな私が、男を飼うことになった。
世間から隠れたい、という男。
そんな奴でも男は男。
まわりからの目はいきなり変わった。
「治った」んだ、と安堵する家族。
「よかったね」と喜び、飼い男の話題ばかり振ってくる同僚たち。

周囲の目をごまかすために男を飼いはじめたら、生きづらくなった。
私はこれからどうなるんだろうか。
やっぱりコンビニの中でしか生きていけないんだろうか。。。


と、まあ、こんな感じのストーリーです。
この世界にはいろんな人がいます。
ちょっと人と馴染めなかったり、どうしてもマニュアル通りに仕事ができなかったり。
確かに、社会人のひとりとして、正社員ではなくアルバイトで生計を立てるというのは不安定かもしれません。
でも、今の世の中、正社員にこだわる必要はないのではないかとnokiaは思っています。

適材適所。
人それぞれの生き方があって、それぞれの働き方があってもいいと思います。
みなさんはどう思いますか?

コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]

価格:1,404円
(2016/8/28 23:07時点)







さて、明日は何を読みましょうか?

では、おやすみなさい。。。







「コンビニ人間」、こちらに掲載されています。

文藝春秋2016年9月号【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]

価格:950円
(2016/8/28 23:01時点)








おひとつポチッとよろしくです♪
















本日の収穫 ~ガラスの仮面「結末はとっくに決まっている」

こんばんは。
今日はどんな一日でしたか?

nokiaは今日も仕事でした。
やっと明日は休みなので、帰りに本屋さんに寄ってきました。

本日の購入品。
・MonoMax 9月号 (仕事の予習用です)
・少女「湊かなえ」 フルサイズ帯ヴァージョン
・アンマーとぼくら「有川浩」
そして~
・文藝春秋 9月特別号!

久々に文藝春秋を買ってみました。
だってね。。。
村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が掲載されているし、
巻頭のグラビアに、熊野古道と知床の特集があったし、
そしてそしてーっ!
美内すずえさんのコラムがあったので!!


「『ガラスの仮面』と歩んだ四十年」と題してほぼ2ページ分の記事でした。
ガラスの仮面ってもう四十年になるんですね。
最初に読んだのが小学生の時なんだな~
私も歳とるはずだわ(^_^;)


少女漫画が好きな人で、「ガラスの仮面」を知らない、なんて方は。。。
いませんよね~ きっと。。。
ということで、これまでのあらすじは省略~!
49巻では、あの二人の想いが、ようやく! 実を結びそうなんですが。。。
はてさて50巻ではどんな展開になるのやら?
楽しみデスね~


と、ガラかめファンのみなさんはもう4年もこのセリフを言い続けてこられてますよね。
そう、49巻の発行は2012年9月。
2016年8月の現在、50巻はまだ発行されていません。


そこで、文頭の文藝春秋9月号のことに戻るのですが、美内先生いわく
「結末はとっくに決まっている・・・」
「・・・構図も一も頭のなかにある・・・」
登場人物がどのようにうごいていくのか、美内先生にもまだわからないのだそうです。
美内先生って「ライブ派」な作家さんですからね~(^_^;)


作中の「紅天女」は自然と向き合う物語。
昨今の環境事情を鑑み、自然の営みをどのように表現するのか。
いろいろと迷いがあるようです。
でもね、もうすぐ真の紅天女が決まるんだな、っていうのは確かなんです。


もう少し。
もうちょっと。。。

「待ちましょう」

もうこれしか言えませーーーん(。・・。)



小説の感想はまた今度。
では、今夜はこのあたりで。

おやすみなさい。。。





文藝春秋2016年9月号【電子書籍】[ 村田沙耶香 ]


コンビニ人間 [ 村田沙耶香 ]




アンマーとぼくら [ 有川浩 ]



少女 [ 湊かなえ ]













おひとつポチッとよろしくです♪



















ギャラリー
  • 「危険なビーナス」 東野圭吾 《あの女、ただものじゃない》
  • 「はじまりの日」ボブ・ディラン作・ポール・ロジャース絵 《むっちゃ気になる本のこと》
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 原発性リンパ浮腫の療養費の適用について
  • 天空の蜂
  • 「カレーライフ」 竹内真 《カレー!カレー!カレー! カレーが食べたい!》
  • 「東京ピーターパン」小路幸也 《楽器があれば歳の差なんて。。》
  • 「すべての神様の十月」小路幸也 《おいおい、神さん!それでいいのか!?》
  • 「竹島」門井慶喜 《この一冊で世界が動くで》



本棚の専門店を開いています。 素敵な本棚を揃えていますので覗いて行ってくださいね! 軒屋本棚店
にほんブログ村
記事検索
タグ絞り込み検索
モブログ
楽天市場
プロフィール

nokia163

アクセスカウンター

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード