神去なあなあ日常
三浦しをん 著



東京ど真ん中、都会育ちの男の子、勇気が「就職」のためにやってきたのは神去村。
「就職」といえば聞こえはいいけど、実際は親から「行って来い!」と放り出されたようなもので。。。

仕事はといえば、木のお守りをする人、木こりさん。
森林組合のお仕事ね。
やってきた村は、山と山の谷間にある小さな集落。
携帯電話のアンテナが立つのは山の上!
1473988974871


こんなとこやだよ! と言いながらも、山に入って、体を使う仕事をしているうちに村の暮らしにも慣れてきて。
人が少なけりゃ付き合いが深くなる。
知らなくてもいいことを知ってしまう、ちょっと悩める勇気くん。
村に来た当初は頼りない男の子だったけど、
木と向かい合ううちに少しずつ大人になって。
みんなから頼りにされる青年に成長していきます。


思わず「頑張れよ!」って励ましたくなりましたね。
若者が頑張ってる姿って見ていて嬉しいですね。
まだまだこの国、捨てたもんじゃないよ、なんて思えてしまいます(*^^*)


さて、今夜あなたは何を読みますか?



神去なあなあ日常 [ 三浦しをん ]

価格:1,620円
(2016/6/11 18:07時点)
感想(12件)



神去なあなあ夜話 [ 三浦しをん ]

価格:1,620円
(2016/6/13 23:09時点)











おひとつポチッとよろしくです♪