荻窪シェアハウス小助川 /小路幸也

家事全般なんでもこなせる19歳男子、佳人。
母と妹弟のために家事をすることが無上の喜びなのに、母からはシェアハウスへの入居を勧められてしまう。
自宅からすぐ近く。バイト先も今までと同じ。
それなら、まあ、いっか。と入居を決め。。。

シェアハウス小助川には、大家ノ「タカ先生をはじめ、個性豊かな人たちが集まって。。。
というのがよくある話ですが、ここに集まってきたのはごく普通の人たち。
そんなごく普通の人たちにもそれぞれのストーリーがあるんです。
心にちょっと重いものを抱えてたりね。
そんな住人たちの橋渡し的な役に収まるのが、19歳男子の佳人。
家族のために生きてるような愛情深い男の子。
いい味出してますね。

シェアハウスでの日常が書かれていますが、若者らしく将来への夢なんかも描かれています。
それを後押しするのがタカ先生。
シェアハウス小助川は、住人たちはどんなふうに変わっていくのでしょうね。
本作もほんわかな小路マジックが生きています。
読後は心がほわんとあったかくなることまちがいなしです(*^^*)


単行本の表紙はこんな感じ

荻窪シェアハウス小助川

価格:1,728円
(2016/6/30 21:36時点)





今夜あなたは何を読みましたか?
では、おやすみなさい。


過去ログ
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード~東京バンドワゴン第11弾 小路幸也 著
http://fanblogs.jp/nokia163/archive/8/0
も読んでみてね(*´ω`*)

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード [ 小路幸也 ]

価格:1,620円
(2016/6/30 21:39時点)








にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
ブログ村参加してます(=^・^=)
おひとつポチッとよろしくです♪